Excelのデータベース-集計

CS資格・Excelの実務に必須

練習ファイルのダウンロード

集計の手順

  1. 並べ替え
  2. 集計
  3. アウトライン
  4. 結果のコピー

の順に進めます。

1.並べ替え

集計 の前の 並べ替え

2.エクセルの集計コマンド

集計の設定

単純な集計

グループの基準
グループ分けする項目のことです。上図の場合は「出荷先毎」に集計されます。
集計の方法
合計・平均・個数・等、どんな集計を行うのかが選択できます。
集計するフィールド
どの項目を集計するのかを選択します。複数選択も可能です。
現在の表と置き換える
新しい集計や、集計をやり直す場合にチェックを入れ、集計の中に、さらに別項目での集計を入れたい場合は外します。
集計行をデータの下に挿入する
チェックを外すと、小計の下にデータが並び、見た目が変です。
全て削除
集計が解除され元に戻ります。
集計結果

集計の中に集計  集計のネスティング

集計のネスティング
ネスティング集計の結果

3.アウトライン

3をクリックし、元データだけを非表示にした状態です。
アウトライン解説

注意事項
集計のタイトル(上の図なら「データの個数」とか「合計」の文字)の欄は1つづつ右にシフトします。右のセルに空きが無ければ同じ列に記載されますが、この場合はアウトラインのレベルが同じになってしまいます。


4.複写

  1. .先ず、対象範囲を選択。
  2. メニューの「編集」→「ジャンプ」→「セル選択」→「可視セル」を選択しOKボタンを押します。
    ジャンプは CTRL+G でショートカットできます。
  3. 「CTRL+Ins」や「コピー」コマンドでクリップボードにコピーします。
  4. 必要な場所にペーストします。
範囲選択後 → ジャンプ → セル選択
集計結果のコピー 可視セルの選択

クリップボードにコピー
集計の後処理

必要な場所へ貼り付け
集計の後処理2

5.オートフォーマット

先ず装飾

オートフォーマット

アウトラインのレベルを3した状態

オートフォーマット アウトライン レベル3

アウトラインのレベルを2した状態

オートフォーマット アウトライン レベル2

抽出←前HOME次→関数-中級編