数学/三角 関数

CS資格・Excelの実務に一部必須
全部は覚えなくて良い

練習ファイルのダウンロード

三角関数や割り算の余り、一定間隔の値、絶対値、円周率、乱数等の数学的な値を求める関数です。

よく使われる関数(赤文字は特に重要)

COUNTIF 指定された範囲のうち、検索条件に一致するセルの個数を求めます。
SUMIF 指定された検索条件に一致するセルの値を合計します。
ABS 絶対値を求めます。
INT 指定された数値を最も近い整数に切り捨てます。
ROUND 数値を四捨五入して指定された桁数にします。
ROUNDDOWN 数値を切り捨てて指定された桁数にします。
ROUNDUP 数値を切り上げて指定された桁数にします。
CEILING 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げます。
FLOOR 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り捨てます。
PI 円周率πを求めます。
RAND 0 以上 1 未満の乱数を求めます。
SUM 引数を合計します。
SUBTOTAL リストまたはデータベースの集計値を求めます。
MOD 数値を除算したときの剰余を求めます。
SQRT 正の平方根を求めます。

一覧表

関数名 解説
COUNTIF 指定された範囲で、検索条件に一致するセルの個数を求めます。
SUMIF 指定された検索条件に一致するセルの値を合計します。
 
ABS 絶対値を求めます。
INT 指定された数値を最も近い整数に切り捨てます。
ROUND 数値を四捨五入して指定された桁数にします。
ROUNDDOWN 数値を切り捨てて指定された桁数にします。
ROUNDUP 数値を切り上げて指定された桁数にします。
TRUNC 小数部を切り捨てて、整数または指定された桁数にします。
CEILING 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げます。
FLOOR 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り捨てます。
MROUND 指定された値の整数倍になるよう、切り上げまたは切り捨てをします。
EVEN 指定された数値を最も近い偶数に切り上げた値を求めます。
ODD 指定された数値を最も近い奇数に切り上げた値を求めます。
GCD 最大公約数を求めます。
LCM 最小公倍数を求めます。
  
PI 円周率πを求めます。
RAND 0 以上 1 未満の乱数を求めます。
RANDBETWEEN 指定された範囲内の整数の乱数を求めます。
DEGREES ラジアンを度に変換します。
RADIANS 度をラジアンに変換します。
SIGN 正負を調べます。
ROMAN アラビア数字をローマ数字を表す文字列に変換します。
 
SUM 引数を合計します。
SUBTOTAL リストまたはデータベースの集計値を求めます。
PRODUCT 引数リストの積を求めます。
MOD 数値を除算したときの剰余を求めます。
QUOTIENT 除算の商の整数部を求めます。
SQRT 正の平方根を求めます。
SQRTPI (数値 *π) の平方根を求めます。
POWER べき乗を求めます。
SERIESSUM 数式で定義されるべき級数を求めます。
LN 自然対数を求めます。
LOG 指定された数を底とする対数を求めます。
LOG10 10 を底とする対数 (常用対数) を求めます。
EXP e を底とするべき乗を求めます。
SUMSQ 引数の 2 乗の和 (平方和) を求めます。
FACT 階乗を求めます。
FACTDOUBLE 二重階乗を求めます。
 
SIN 指定された角度のサインを求めます。
COS 指定された角度のコサインを求めます。
TAN 指定された角度のタンジェントを求めます。
ASIN アークサインを求めます。
ACOS アークコサインを求めます。
ATAN アークタンジェントを求めます。
ATAN2 指定された x-y 座標のアークタンジェントを求めます。
SINH 双曲線正弦 (ハイパーボリック サイン) を求めます。
COSH 双曲線余弦 (ハイパーボリック コサイン) を求めます。
TANH 双曲線正接 (ハイパーボリック タンジェント) を求めます。
ASINH 双曲線逆正弦 (ハイパーボリック サインの逆関数) を求めます。
ACOSH 双曲線逆余弦 (ハイパーボリック コサインの逆関数) を求めます。
ATANH 双曲線逆正接 (ハイパーボリック タンジェントの逆関数) を求めます。
 
COMBIN 指定された個数を選択するときの組み合わせの数を求めます。
MDETERM 配列の行列式を求めます。
MINVERSE 行列の逆行列を求めます。
MMULT 2 つの配列の行列積を求めます。
MULTINOMIAL 指定された複数の多項係数を求めます。
SUMPRODUCT 指定された配列の対応する要素の積の合計を求めます。
SUMX2MY2 2 つの配列で対応する配列要素の平方差を合計します。
SUMX2PY2 2 つの配列で対応する配列要素の平方和を合計します。
SUMXMY2 2 つの配列で対応する配列要素の差を 2 乗して合計します。



統計関数

統計値を求めるための関数です。
平均値や標準偏差のような簡単なものから高度な統計学の関数まであります。

よく使われる関数(赤文字は特に重要)

AVERAGE 平均値を求めます。
STDEV 標準偏差を求めます。
COUNT 指定したデータの中で、数値が入っている個数を求めます。
COUNTA 指定したデータの中で、データが入っている個数を求めます。
LARGE 指定したデータの中で、指定した番目に大きな値を求めます。
SMALL 指定したデータの中で、指定した番目に小さな値を求めます。
MAX 指定したデータの中で最大の数値を求めます。
MIN 指定したデータの中で最小の数値を求めます。
MEDIAN 指定したデータの中で、メジアン (中央値) を求めます。
MODE 指定したデータの中で、最も頻繁に出現する値 (最頻値) を求めます。
RANK 指定したデータの中で、指定した順位を求めます。
PERCENTRANK 指定したデータの中で、百分率に基づく順位を求めます。

一覧表

AVERAGE 指定されたデータの平均値を求めます。
AVERAGEA 数値、文字列、および論理値を含むデータの平均値を求めます。
COUNT 指定されたデータの各項目に含まれる数値の個数を求めます。
COUNTA 指定されたデータの各項目に含まれるデータの個数を求めます。
MAX 指定されたデータに含まれる最大の数値を求めます。
MAXA 数値、文字列、論理値を含む指定されたデータの中で最大の数値を求めます。
MEDIAN 指定されたデータに含まれる数値のメジアン (中央値) を求めます。
MIN 指定されたデータに含まれる最小の数値を求めます。
MINA 数値、文字列、論理値を含む指定されたデータの中で最小の数値を求めます。
MODE 指定されたデータの中で、最も頻繁に出現する値 (最頻値) を求めます。
RANK 指定されたデータの中で、指定した数値の序列を求めます。
LARGE 指定されたデータの中で、指定した番目に大きな値を求めます。
SMALL 指定されたデータの中で、指定した番目に小さな値を求めます。
 
STDEV 引数を正規母集団の標本と見なし、標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を求めます。
STDEVA 数値、文字列、論理値を含む引数を正規母集団の標本と見なし、母集団の標準偏差の推定値を求めます。
STDEVP 引数を母集団全体と見なし、母集団の標準偏差を求めます。
STDEVPA 数値、文字列、および論理値を含む引数を母集団全体と見なし、母集団の標準偏差を求めます。
AVEDEV データ全体の平均値に対するそれぞれのデータの絶対偏差の平均を求めます。
DEVSQ 標本の平均値に対する各データの偏差の平方和を求めます。
 
PERCENTILE 配列のデータの中で、百分位に当たる値を求めます。
PERCENTRANK データの中で、百分率に基づく順位を求めます。
PERMUT 与えられた標本数から指定した個数を選択する場合の順列を求めます。
QUARTILE 配列に含まれるデータから四分位数を抽出します。
STEYX 回帰直線上の予測値の標準誤差を求めます。
 
VAR 引数を正規母集団の標本と見なし、標本に基づいて母集団の分散の推定値 (不偏分散) を求めます。
VARA 数値、文字列、および論理値を含む引数を正規母集団の標本と見なし、標本に基づいて母集団の分散の推定値 (不偏分散) を求めます。
VARP 引数を母集団全体と見なし、母集団の分散 (標本分散) を求めます。
VARPA 数値、文字列、および論理値を含む引数を母集団全体と見なし、母集団の分散 (標本分散) を求めます。
COVAR 共分散を求めます。共分散とは、2 組の対応するデータ間での標準偏差の積の平均値です。
 
CONFIDENCE 母集団に対する信頼区間を求めます。
CORREL 2 つの配列データの相関係数を求めます。
CRITBINOM 累積二項分布の値が基準値以上になるような最小の値を求めます。
EXPONDIST 指数分布関数を求めます。
FORECAST 既知の値を使用し、将来の値を予測します。
FREQUENCY 頻度分布を縦方向の数値の配列として求めます。
GEOMEAN 相乗平均を求めます。
GROWTH 指数曲線から予測される値を求めます。
HARMEAN 調和平均を求めます。
HYPGEOMDIST 超幾何分布関数の値を求めます。
INTERCEPT 線形回帰直線の切片の値を求めます。
KURT 指定されたデータの尖度を求めます。
LINEST 回帰直線の係数の値を配列で求めます。
LOGEST 回帰指数曲線の係数の値を配列で求めます。
SLOPE 回帰直線の傾きを求めます。
NEGBINOMDIST 負の二項分布の確率関数の値を求めます。
LOGINV 対数正規分布の累積分布関数の逆関数の値を求めます。
PROB 指定した範囲に含まれる値が上限と下限との間に収まる確率を求めます。
SKEW 分布の歪度を求めます。
STANDARDIZE 標準化変量を求めます。
TREND 回帰直線による予測値を配列で求めます。
TRIMMEAN データの中間項の平均を求めます。
BINOMDIST 二項分布の確率関数の値を求めます。
WEIBULL ワイブル分布の値を求めます。
 
LOGNORMDIST 対数正規分布の累積分布関数の値を求めます。
NORMDIST 正規分布の累積分布関数の値を求めます。
NORMINV 正規分布の累積分布関数の逆関数の値を求めます。
NORMSDIST 標準正規分布の累積分布関数の値を求めます。
NORMSINV 標準正規分布の累積分布関数の逆関数の値を求めます。
PEARSON ピアソンの積率相関係数 r の値を求めます。
RSQ ピアソンの積率相関係数の 2 乗値を求めます。
POISSON ポアソン確率の値を求めます。
 
BETADIST β分布の分布関数の値を求めます。
BETAINV β分布の分布関数の逆関数の値を求めます。
CHIDIST カイ 2 乗分布の片側確率の値を求めます。
CHIINV カイ 2 乗分布の片側確率の逆関数の値を求めます。
CHITEST カイ 2 乗 (χ2) 検定を行います。
FDIST F 分布の確率関数の値を求めます。
FINV F 分布の確率関数の逆関数の値を求めます。
FTEST F 検定の結果を求めます。
FISHER フィッシャー変換の値を求めます。
FISHERINV フィッシャー変換の逆関数の値を求めます。
GAMMADIST ガンマ分布関数の値を求めます。
GAMMAINV ガンマ分布の累積分布関数の逆関数の値を求めます。
GAMMALN ガンマ関数 Γ(x) の値の自然対数を求めます。
TDIST スチューデントの t 分布の値を求めます。
TINV スチューデントの t 分布の逆関数の値を求めます。
TTEST スチューデントの t 分布に従う確率を求めます。
ZTEST z 検定の両側 P 値を求めます。

COUNTIF と SUMIF

Web ページを対話的に使用するには、 Microsoft(R) Internet Explorer 4.01 以降および Microsoft Office Web コンポーネントが必要です。詳細については、Microsoft Office Web サイトを参照してください。

COUNTIF

SUMIF

注意点
=SUMIF(D9:F16,"<20")
条件は必ず「"」で囲った「文字列」で指定します。
IFのような「"」の無い「式」ではなく、「<20」の部分は文字列でなければなりません。


SUBTOTAL

集計方法 同様の関数 解説
1 AVERAGE 平均
2 COUNT 数値が入ったセル数のカウント
3 COUNTA データが入ったセル数のカウント
4 MAX 最大値
5 MIN 最小値
6 PRODUCT 各セルを掛け合わせた値
7 STDEV 母集団の推定「標準偏差」
8 STDEVP データの標準偏差
9 SUM 合計
10 VAR 母集団の推定「分散」
11 VARP データの「分散」

方法

  1. オートフィルタで抽出
  2. SUBTOTALで計算

ネスティング←前HOME次→文字列関数