範囲名

CS資格に必須・Excelの実務に便利

練習ファイルのダウンロード
解答例のダウンロード

解説

練習ファイルを参照してください。

平均 合計
通常の式 22.9 =AVERAGE(D11:M11) 229 =SUM(D11:M11)
範囲名を使用した式 22.9 =AVERAGE(売数) 229 =SUM(売数)

重要
抽出や入力規制のリストデータ等、他シートのセル参照が出来ない場合でも、範囲名を使用すれば参照することが出来ます。

方法

ツールバーからの方法

  1. 名前を指定するセル範囲を選択します。
    (飛び地や他シートも可)
  2. 数式バーの左横にある名前ボックス(赤丸部)をクリックし、名前を入力すれば完了です。
    (入力の終了はEnterです)
範囲名の簡易設定

メニューからの方法

  1. 名前を指定するセル範囲を選択します。
  2. 「挿入」→ 「名前」→「定義」 を選択すれば「名前の定義」のウインドーが出てきます。
  3. 参照範囲が正しければ名前欄に範囲名を入力し「追加」を押せば設定できます。
範囲名の詳細設定 1

範囲名の詳細設定 2

数式や定数への名前付け (自作関数)

  1. 「挿入」→ 「名前」→「定義」 で「名前の定義」を出します。
  2. 名前欄に名前を入力します。
  3. 「参照範囲」 ボックスに「=」に続けて数式または定数の値を入力します。
自作関数への名前付け

範囲名の確認方法

  1. 「挿入」→ 「名前」→「定義」 を選択します。
  2. 「名前」ボックスで確認する参照の名前をクリックします。
  3. 「参照範囲」ボックスに名前が表す参照、数式、または定数が表示されます。

範囲名の表示

範囲名の表示

範囲名の貼付け

式への貼り付け

範囲名の貼り付け

リスト貼付け

  1. 貼り付けたいセル範囲の先頭(範囲の左上隅のセル)を選択してから、貼付け用のウインドーを表示させます。
  2. リスト貼付けのボタンを押せば全ての範囲名とセル範囲が貼付けされます。

他の活用方法

ラベルを使ってセルを参照

範囲へのジャンプ

範囲へのジャンプ

ユーザー定義書式←前HOME次→入力規制